カテゴリー
未分類

会計ソフトは定期的に開いて必要項目を埋めていく

何をして稼ぐか選べる種類も多彩なのが副業の良いところ、でも副業の税金や申告のことになるとややこしさを感じてしまいます。
確定申告は何かさえあまり理解していないとしたら、そこから知ることが必要です。
経費を売り上げから引き算して、年間でいくら儲けることができたかを計算して、税務署に税金をいくら納めますと伝えるのが確定申告、そのうえで必要な税金を納めます。

帳簿をつけることになりますので、普段からかかった経費も売り上げも記録をとる作業が必要です。
ノートに書きこんでいくこともできますし、会計ソフトを入手して入力しても構いません。会計ソフトはネットを使う人なら比較的使いやすく、インターネットでも手に入れることができます。

ある程度の簿記の知識も求められますが、青色申告用の会計ソフトは大変優秀です。必要項目に入力をしていくことで、複式簿記で自動的に処理をしてくれます。
面倒な作業となるのではとひるむ必要はなく、簿記の知識といっても専用ソフトに頼れば心配はありません。
AI搭載の会計ソフトの優秀ぶりは目を見張る程、簿記の知識など全くないという人でも楽勝です。入力の際のサポートも万全、ソフト購入時には費用が発生をしますが、それ以上の仕事で応えてくれます。

特に初心者なら注意したいのは、確定申告時期になってから始めること、2月や3月になってまとめてやろうとすると大変です。
レシートや領収書さえ残しておけば、副業の稼ぎ程度なら問題ないだろうと思ったら違います。
毎月いくら稼いだかを調べ上げて経費で落としたはずの領収書を探し出し、電卓で計算をしてみたり照らし合わせたりと、一度にすべてをやろうとすると時間がかかるためです。

理想的な帳簿作成を言うのであれば、会計ソフトへの入力は毎日行うこと、1回の作業はあっという間に終わります。
しかし、本業もある人にはなかなか難しいもの、ですから会計ソフトは月に1回でも、3ヵ月に1回程度でも構いませんので、開いて入力をしていくことです。項目は売り上げと経費であり、会計ソフトへはこうして定期的な入力をする事で、現段階でいくらくらい自分が副業で収入を得ているかも把握できます。

定期的な会計ソフト入力はその分だけ時間と手間が省けますので、落ち着いての入力ができることから、入力漏れやミスを無くす予防策ともなるやり方です。
また定期的なスパンでの入力をする事で、会計ソフトの使い方をすっかり忘れてしまう事にもなりません。